片手でタイピングできるウェアラブルデバイス「TAP」

以前からずっと到着を楽しみにしていたウェアラブルデバイス「TAP」がついに到着しました。
プレオーダーで購入してから4ヶ月ほどでの到着です。

TAPは、片手でタイピングできるウェアラブルデバイスです。
https://www.tapwithus.com/
装着するとこんな感じ。

トレーニングアプリがあるとのことなので、早速練習を開始です。
まずは基本のAEIOUにチャレンジしてみます。


これは簡単。
テーブルや壁、腕などのどこでタップしても文字が入力できるのでなんだか変な感じです。

続いてNTLS。

だんだん分かってきました。
指の様々組み合わせでいろんなパターンを作っているようです。
そしてだんだん進んでいくと、最終的にはこんな感じになります。

難しい。。
難しすぎる!!
英字だけではなく、数字や記号も入力できるので、もはやカオスです。

練習すればなんとかなる気もするので、まずは練習。
なんだかんだでトレーニング用アプリが楽しいので気軽に練習できます。
練習すること数時間、練習後のタイピング風景がこちら。

ある程度自由に打てるようになりましたが、まだまだ遅いです。
単純にタイピングをするのは楽しいですが、普通のタイピングと比べるとスピードははるかに劣るので、
通常時に使うメリットはなさそうです。
VRだったり、音楽系のアプリなどであれば使えそうな気もするので、練習は続けつつ今後の活躍に期待です。

TAPの公式サイトはこちら

The following two tabs change content below.
Akihiro Tanaka

Akihiro Tanaka

Engineer/UI Designer
UI設計を得意とするエンジニア。 現在はDApps開発しています。
好きな言語はTypeScript、好きなフレームワークはIonic、Angular。 趣味はハーレー、キャンプ、アンティーク。
WEB: http://tanakas.org/

1件のコメント

コメントは停止中です。